女性ホルモンでの豊胸は現実的ではない

MENU

更年期や不妊治療に使用されるホルモン

女性ホルモン増やす

 

女性ホルモン注射を打つ人というのは、主にひどい更年期障害に悩む人や、不妊に悩む女性が不妊治療のために行います。

 

もちろん医療行為であるため、医師の診察の下、適切な治療が行われますが、この際に使用される女性ホルモンの成分は、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンになります。

 

このホルモンは、主に生理周期を整える働きがあり、排卵後の体温調節や、受精卵が着床しやすい環境作りをしているとされています。

 

また、更年期によってプロゲステロンの分泌が急激に減少すると、めまいや頭痛、ほてりなどを引き起こす更年期障害が起こります。この更年期障害が日常生活にまで支障をきたすほどひどいものであった場合、注射による治療が行われることもあります。

 

ただし、このプロゲステロンは女性ホルモンではありますが、バストアップ効果は期待できず、豊胸を目的とするのであれば、エストロゲンの注射が必要となります。

エストロゲンを使用する医療目的

同じ女性ホルモンでも、プロゲステロンとエストロゲンでは効能が異なります。

 

エストロゲンは、主に女性の身体を司るホルモンだからです。女性の胸が膨らんでいたり、体つきが男性と比べて丸みを帯びていたりするのは、このエストロゲンの影響が大きいとされています。

 

そのため、豊胸目的で注射を打つのであれば、エストロゲンとなります。ただし、一般的にバストアップを希望する人に、エストロゲンを注射することはありません。

 

 

エストロゲンを使用した治療は、性同一性障害などに悩む男性に対して使用されることが多いです。

 

男性が注射することで、胸が膨らんできたり、筋肉量が落ちて体つきがふくよかになったりします。

 

体毛も薄くなり、皮脂の分泌が多くて出来ていたにきびなども解消されます。男性においても、バストアップ効果が期待できるということで、女性であればバストアップできる可能性はとても高いと言われていますが、現実的にはほとんど行われることはありません。

女性にはリスクが高すぎるため現実的ではない

性同一性障害の人が、エストロゲンを注射すると、かなり即効性をもってバストアップ効果があらわれると言います。

 

効果が高いということは、その反面リスクも高いということは覚えておかなければなりません。例えば、吐き気やめまいなどの軽い体調不良はよくおこる症状です。また、食欲が増進され、体重増加などに悩む人もいます。

 

皮膚トラブルがおこる人も多く、シミやそばかすが出来やすくなることもあります。

 

しかし、豊胸治療にエストロゲンを使用しない理由はそれだけではありません。女性がエストロゲンの女性ホルモン注射を行うと、乳がんや子宮がんにかかるリスクが高くなる可能性があるのです。エストロゲンのバストアップ効果は、注射をやめると元に戻ってしまいます。そのため、継続的に打つ必要があり依存症になる人もいます。

 

そのため、エストロゲンの過剰摂取となり悪性腫瘍が発生するリスクを高めてしまうのです。そのために、ホルモン注射によるバストアップ治療は現実的ではないのです。