恋をすると胸が大きくなる理由

MENU

ホルモンのバランスがプロポーションを決めます

女性ホルモン増やす

 

女性らしいセクシーなボディラインをゲットするためには、女性ホルモンを意識しなければいけません。

 

ホルモンバランスの安定が、いわゆる女性らしい豊満なバストを得るための条件です。

 

女性ホルモンの量は個人差があります。思春期の頃、安定した供給量が得られた方は特に意識しなくても豊胸が自然体で進みます。

 

いわゆる若い頃からバストが豊満でクラスでも目立っていた女子は、元々女性ホルモンの供給が活発だと思われます。

 

一方で思春期の頃に、平均未満のホルモン量だった方は、思うように豊胸が進まない事があります。

 

女性ホルモンの供給は思春期の頃、第二次性徴期の前後に最も盛んになりますが、大人になってからでも、供給量が盛んになる時期があります。

 

その時期とは、いわゆる恋愛をしている時期です。恋をすると女性はキレイになる、といった俗説がありますが、ただの都市伝説ではなく、ホルモンの分泌が恋愛のときめきによって活性化し、女性らしさがアップするため、実は信憑性がある話です。

ときめきを感じる女性は自然と美しくなります

女性は恋愛をすると、ときめきを強く感じます。ときめきの感情は女性ホルモンの分泌を強く促すきっかけになります。大人になってからは豊胸が自然体では難しい、と世間一般では言われていますが、恋愛を心から満喫すれば、十分希望はあります。

 

特に思春期の頃に、大幅にバストが成長しなかった女性は、本来その頃に成長するはずだったポテンシャルが、成人を迎えてから、取り戻せます。

 

個人差はありますが、素敵な男性に片思いをしたり、実際に社会人になってからイケメンのボーイフレンドと恋愛をすれば、自然体でプロポーションは良くなっていきます。

 

胸がどきどきする、ボーイフレンドや好きな男性の顔を思い浮かべると眠れなくなる、常に相手の事ばかりを考えてしまう、そういったピュアなときめきを感じる感情が女性ホルモンの活性化に結びつきます。

 

片思いでも効果は出ると言われていますが、より新鮮で濃いときめきを得られる両思いの方が効果は高いです。

セロトニンのバランスが安定する事もプロポーション改善には大事です

素敵な男性から愛されている、という感覚もまた女性の心身に良い効果を与えます。

 

胸が躍る感覚、ときめきを強く感じる感情は女性ホルモンの活性化を促し、反対に男性から信頼されている感覚、素敵なボーイフレンドから愛されているという実感は、落ち着きホルモンのセロトニンの供給量アップを促します。

 

セロトニンが枯渇すると女性ホルモンの安定供給が崩れやすくなります。

 

男性と素敵なデートを楽しみ、愛されている実感や守られている喜びを感じる事でセロトニンが大量に分泌されれば、プロポーションの成長を今まで妨げていたストレスやホルモンバランスの不安定化が改善され、よりバストサイズの成長が捗ります。

 

また愛する男性に、直に身体を触れられる事でセロトニンの供給量はより増加すると考えられています。抱きしめられる事、優しく身体を愛撫される事、マッサージをしてもらう事、そしてベッドを共にする事が、ストレス解消とプロポーションの成長に大変役立ちます。

 

バストアップサプリならピンキープラスがおすすめ